iPhoneが壊れてしまった!! その時の修理相場を知ろう

 

こんにちは!小宮生也です。
今やスマートフォンは生活に欠かせないものとなりました。特にiPhoneは持っている人も多く、壊れた時に右往左往してしまう人も多いのではないでしょうか。iPhoneの画面が割れた、電源が突然入らなくなった、データが初期化されてしまったなどの時に駆け込み寺はあるのでしょうか?iPhoneの修理に関して費用や時間などいざ壊れてしまった時の心の備えについて解説していきます。

iPhoneを持っていれば、いつか起こる故障について小宮生也と一緒に考えてみましょう。

iPhoneのハードトラブル 画面割れなど

iPhoneを携帯すると手を滑らせて落としたり、水没させて電源が入らなくなってしまうということはよくあります。スマートフォンマスターの小宮生也自身もよくあります。画面が割れるなどの故障修理については、iPhoneも含めたスマートフォン修理を行うショップなどに持っていけば修理してもらえる場合があります。
スマートフォンひび割れ
iPhoneは精密機器ですので、画面の交換やバッテリーの交換などの簡単な修理のみを行うことができ、複雑な故障(電源が入らない、携帯基地局を認識しない等)は修理不可となり、買い替えを進められることもあります。そんな状況を踏まえての大まかな修理費用と時間を小宮生也調べでまとめました。

バッテリ交換     6000円から10000円  
フロントパネル交換  6000円から35000円
液晶パネル交換    6000円から35000円
※上記は目安価格です。

これらの交換は主に簡易交換となり、来店して混雑していなければ一時間ほどで行われます。この他の「水没したiPhoneの復旧」や「ホームボタンが押せない」「携帯基地局を認識しない(常に圏外になる)」などの故障修理は店頭に持っていき、修理見積によって金額が異なります。

故障の状況によっては買い替えを進められることもありますので、上記のような簡易交換ぐらいしか実質修理ができないものと考えてもよいでしょう。僅かな望みにかけて、修理店舗に持って行ってから、買い替えの判断を行う材料としてもよいと考えられます。

修理不可の判断されたら買い替えしかないの?

修理店舗にてiPhoneの修理ができないとの判断をされた場合、単純に買い替えしかないのでしょうか?小宮生也調べでは、通信キャリアなどでは、こうした修理不可と判断されたiPhoneを回収して、新品と交換する保障プランを販売しています。

月額の利用料金のオプションとして月々1000円程度を保障料として支払います。万が一、iPhoneが修理不可と判断された場合、故障したiPhoneの返送を条件に新品と交換してくれるというものです。保障の条件、支払い条件などは各通信キャリアによって異なりますので、詳しい保障内容は確認することを小宮生也はおすすめします。

また、appleでも修理代の保障サービス「applecare+」というものも始めています。パネル交換やバッテリ交換などの修理の費用保障を通常の1年間から2年間に延長するサービスです。これはiPhone購入から30日までに申し出ないと加入することができず、価格も14000円ほどと高価となっています。2年間何もなく使えてしまっても支払うことになってしまいます。(保険はすべてそんなものですが)

通常は通信キャリアからiPhoneを購入することが多く、applecare+よりも通信キャリアのiPhone保障を使用することが多いと思います。どちらにしても、iPhoneの万が一のために加入することを小宮生也もおススメします。

ドコモの機種変更応援プログラム

NTTドコモがiPhone向けに「機種変更応援プログラム」というものを発表しました。iPhoneの月々支払いが残っている2年以内でも機種変更を行っても機種代金を最大27000円保障するというものです。これにはプログラム利用料の300円が月々かかります。

修理とはまた少し違うのですが、使ってくると飽きてきたり、故障しても全交換なら一年ごとに変えてみてもいいのではないかという考え方からここでご紹介させていただきました。このプログラムでは、故障していないiPoneが新品購入の保障条件になっています。もちろん、プログラムを利用すれば、古い機種は回収されてしまいます。

これは人によって考え方が異なってくる部分であると思います。まだ使えるものを変える必要がないと思う人は故障したら修理や故障保障などで機種変更をしていけばよいと思います。しかし、故障する前に新品に交換するという意味では、この「機種変更応援プログラム」も故障の修理に当たるのではと考えられます。

どちらにしても、iPhoneを買い替えるときの費用負担をどのように減らすかを目的に考えられていることには変わりありません。

小宮生也的にも、こうしたiPhoneの故障保障、買い替え保障については、多くの種類がありますので、携帯ショップやappleストアなどに問い合わせして確認をすることをおすすめします。すべてはiPhoneが故障して困ってしまわないために行われているサービスです。

まとめ

iPhoneは、画面割れなどの簡易故障でも修理は比較的高額です。これはiPhoneを販売しているappleが故障した場合は買い替えを推奨していることによるものです。中には「バッテリ交換と画面交換では買い替えた方が安いですよ」とアドバイスをされてしまうこともあります。

売る側としては、修理箇所を苦労して見つけても、割に合わないので買い替えてもらったほうがいいというもので、買う側としても修理期間中使えなくなるよりは買い替えようという、双方の利害が一致したものです。

買い替えを進められ、愛着あるiPhoneを手放したくない気持ちをわかりますが、複雑な修理のほうが大変だと認識し、買い替えを行うようにしましょう。

以上、小宮生也がiPhoneの修理費用についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。