iPhoneの歴史は意外と短い?現在のiPhoneになるまで

 

こんにちは!小宮生也です。
今や生活に欠かすことのできないスマートフォンのiPhoneですが、いつごろから今のような形となったのでしょうか?
そこにはiPhone開発に尽力したスティーブ・ジョブズの存在があります。

iPhoneは、彼が巧妙なプロモーションを行い、熱烈なファンを増やしたことで短い間に世界中で普及するに至りました。
今回はそんなiPhoneの歴史とスティーブ・ジョブズのプロモーション作戦についてスマートフォンマスターの小宮生也が解説していきます。

社内でも際立った個性を持ったスティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ
iPhoneは2007年の1月に初代「iPhone」がアメリカの展示会で発表されたことにその歴史が始まります。それまでもアップルではiMacやiPodなどを発表し、デザイナーズブランドとして、ミュージシャンやグラフィックデザイナーなどには人気のデジタルブランドでした。

それらの製品を発表したのは、開発した製品を次々とヒットさせ、アップル社内でカリスマとなっていたスティーブ・ジョブズでした。iPhoneも彼が手掛けた製品でした。特徴的なのはその製品発表会です。通常の発表会のような退屈なものではなく、入念なリハーサルを行い、まるで舞台での演者のような形でスティーブ・ジョブズが発表するというものです。小宮生也の記憶にもしっかり焼き付いています。

そんな形で過去の製品と同様、iPhoneが発表されました。ディスプレイでキーボード操作がタッチパネルで行い、音楽プレイヤーにもパソコンにも電話にもなる。こんなモバイル端末、今までに聞いたことがありません。世界中ですごい製品が出たとiPhoneについて、彼に取材が殺到しました。

小宮生也調べではそんな輝かしい表舞台の裏で、決して妥協を許さない鬼の顔を持ったスティーブ・ジョブズの話もあります。エンジニアが小型化は不可能だと彼に直訴しましたが、彼は明日までに代案を出せとして頑として小型化は譲りませんでした。

エンジニアを本気にさせた結果、iPhoneの小型化を成功させ、今のようなスタイリッシュな形になったとも言われています。

iPhone3Gが発売される

日本でも2008年にソフトバンクよりiPhone3Gが発売され、瞬く間に大ヒット商品となります。まだ当時は、今のような高速通信が可能ではなく、どちらかというと「新しいもの好き」な人がこぞって購入していました。

この時にも、スティーブ・ジョブズの「iPhone3G」の製品発表会に多くの日本人が魅了されました。もちろん小宮生也自身も。スティーブ・ジョブズはとても分かりやすく、時にはユーモアも交えて製品説明を行い、製品発表会というよりは一つのショーと化していました。

いつしか、アップルの製品発表会を楽しみにする人が増え、その洗練された新製品をいち早く買い求めようと考える人が日本を含め世界中に表れるようになりました。

その後、iPhone4,iPhone4sとスティーブ・ジョブズにより発表され、それぞれの機種がすべて大ヒットするという大成功を収めました。そんなiPhoneが大ヒットしている最中の2011年10月5日。スティーブ・ジョブズは56歳と言う若さでこの世を去りました。

その後、高速通信のLTE機能を持ったiPhone5やiPhone6などがモデルチェンジとして発表されていきます。しかし今までスティーブ・ジョブズが築き上げたものが大きく、それを上回るものをなかなか残せない「ジョブズロス」の状態は今のアップルでも陥っている深刻な問題であると小宮生也は考えています。

大きすぎたスティーブ・ジョブズの功績

iPhoneがここまで世界中で大ヒットしたのは、彼の製品に対するこだわりを実現させる力と、その魅力を多くの人に伝えるプレゼン力にあるのではないかと小宮生也は考えています。

この二つの力を併せ持ったからこそ、多くの人がその製品に魅了され、買い求めたとされています。スティーブ・ジョブズはiPhoneが大ヒットしている最中にアップル内で既に次を見据えた製品開発をしていたと言われています。iPhoneのヒットだけでは他社に追い付かれてしまうと考えていたようです。

小宮生也はそんなスティーブ・ジョブズの死後のアップルは、当時の勢いに少し陰りが見えているようにも感じてます。アップルウォッチなどの新製品は出すものの、iPhoneほどの大ヒットとはならず、やはりスティーブ・ジョブズの製品開発力と発信力がいかに大きかったかということを感じざるを得ません。

天才的な製品開発者であったスティーブ・ジョブズは、製品開発者として、後継者育成などアップルが継続する仕組みをあまり作っていなかったのではと考えられます。そうした部分が今日のアップルの伸び悩みを作っており、「天才開発者の功罪」とも言えるアップルのこれからの課題です。

iPhoneから続く良い製品がアップルからリリースされるのが待たれます。

まとめ

iPhoneの歴史は意外と短いのですが、その間に世界中でスマートフォンが普及しました。これは、それだけ誰が見ても便利なツールであったという事ができます。しかし、それは誰かが開発、提案しなければ世の中には受け入れられません。iPhoneの歴史はその開発、製品プロモーションを担い、そして大成功させたスティーブ・ジョブズなしには語ることができないと小宮生也は思っています。

もし彼がいなければ、例え製品が良くても、iPhoneは数多くあるデジタル製品の中に埋もれていたのかもしれないのです。

以上、iPhoneの歴史について小宮生也がご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。