どちらがいい?iPhone、androidの比較まとめ

 

こんにちは!小宮生也です。スマートフォンの種類はiPhone、androidと二種類あります。
スマートフォン初心者には、どちらを選んだらいいかとても迷ってしまうと思います。様々な比較を見てもどちらにも良さがあり、選ぶにしても何を基準にしたらよいのかと困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は、iPhone、andoroidどの部分がどう優れているのかをスマートフォンマスター小宮生也が比較してみようと思います。
様々な観点から、どんな用途であれば向いているのかを考えてみます。

大きなユーザーの違い

スマートフォン
小宮生也が感がるには、大きく分けて、どちらのスマートフォンの方がどういった人に向いているのでしょうか?

まず、iPhoneユーザーに向いている方です。iPhoneは操作性に優れ、直感的な操作でおおよその操作を行うことができます。取扱説明書も付属していますが、まず開くことはないでしょう。iPhoneユーザーに向いている人は、デジタル機器があまり得意ではない人でも簡単な操作で使えてしまうというメリットがあります。

次にandroidユーザーです。
androidはパソコンなどを操作するような感覚を受ける時があります。例えば、設定画面には専門用語が多く、少しデジタル機器を知っている人でないと初期設定は少しハードルが高いと小宮生也は感じました。操作性についてもiPhoneと比較して多くの端末に使われている関係上、同じandroidでもメーカーによって操作が異なる部分などもあり、少ないですがiPhoneと比較するとバグなども存在します。

そんなバグを利用した面白い使い方などもあるのですが、これはデジタル機器上級者が使うもので、初心者にとっては分かりづらいの一言でしょう。

Androidユーザーに向いている人は、普段からパソコンなどのデジタル機器を使いこなしていて、普通の使い方では満足できないようなデジタル機器が好きな人に向いていると小宮生也は考えます。

このように、それぞれの特性を生かした向いているユーザーがあることを押さえておきましょう。

Googleのツールに慣れている人はandroid

androidはGoogleはが開発したOSです。普段仕事やプライベートでgoogleのメールサービス(Gmail)やスケジューラー、google+といったgoogleサービスに普段から慣れ親しんでいる人はandroidがいいでしょう。

iPhoneでも、スマートフォンアプリでgoogleのサービスがダウンロードできますが、より親和性が高い状態で使えるのは、やはりandroidです。

androidの場合、初期設定でgoogleアカウントを作成する必要などもありますが、もう既にお持ちの方はそれをそのまま使用することができます。

Gmailアプリはインターネットブラウザでの操作と同期しており、docomoやAUなどのキャリアメールを全く使用しないという人もいます。

また、Googleの多くのスマートフォンアプリがデフォルトで入っているため、新たにダウンロードする手間がありません。
中にはこれらを必要ないという人もいますが、デフォルトアプリのため、削除することができないという部分は難点であります。

小宮成也的に、パソコンでもgoogleをよく使っているという人にとっては、androidは非常に魅力的に映るはずです。

ユーザーフレンドリーを追い求めるならiPhone

iPhoneが発売される前の話をしましょう。ipodというモバイル音楽プレイヤーが大ヒットしました。それは今までのデジタル機器になかった使いやすさ、直感で操作をして音楽を再生できるという新しさが受けて、若者を中心に普及していきました。
その時によく言われたのが、まるでモバイル機器がこちらの操作を予測しているかのような、なんとなくこうすれば動くという操作性の良さが高評価ということでした。

iPhoneはそんなユーザーに優しい仕様(ユーザーフレンドリー)を最も重視していると小宮生也は捉えています。androidには音声検索機能はありますが、対話を基本とした音声操作アプリ「siri」はiPhoneだけの機能です。

これらも全てあまり普段からデジタル機器を使用しない人でも、iPhoneを使いにくいと思わないよう配慮した機能です。
こうしたユーザーフレンドリー機能は他にもたくさんあります。

ただし、そんなユーザーに優しい仕様は逆に言うと、細かい部分は、iPhone内で勝手にお行われてしまうとうことになります。

バックアップなどもicloudというアップルのクラウドサーバーに定期的に勝手に取られてしまうような設定になっていることもあり、それを解除するのもいろいろと調べないと分からないこともあります。セキュリティを気にすればこうした機能はなんとなく嫌な気分になる方もいるのではないかと小宮生也は思っています。

こうした設定上の「勝手にやってしまう部分」が多いのもiPhoneの特徴です。しかし、そのために簡単な初期設定だけですぐに使えるようになり、初心者にも優しいのです。

まとめ

iPhone、androidどちらを選んでも十分にスマートフォンのある生活は楽しめます。どちらがよいかということにはこれからも結論が出ることはないでしょう。iPhoneでも、androidでも電話もできるしインターネットもできます。どちらも同じスマートフォンであることには変わりありません。

これからもそれぞれの機種は進化を続けて、より使いやすいスマートフォンへと変貌を遂げていくことが期待できます。
そのためには切磋琢磨できる競争相手が必要です。iPhoneとandroidは他にも数多くあるスマートフォンOSの中で、多くのシェアを獲得し受け入れられた選らばれし者たちなのです。

以上、iPhoneとAndroidの比較について小宮生也がご説明しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。