iPhoneとAndoroidはどっちが使いやすい??

 

こんにちは!小宮生也です。スマートフォンのOS(スマートフォンを動かす基礎ソフトのことです)は大きく分けて二つになります。一つはiPhoneに入っているiOSと呼ばれるものと、iPhone以外のスマートフォンに主に入っているAndroidと呼ばれるものです。

この二つは同じスマートフォンOSなのですが、操作方法や画面が若干異なるため、好みによってiOS派、Android派に分かれます。このiOS、Androidの使いやすさ比較について小宮生也が説明していきます。

iPhone(iOS)の特徴、使いやすい点

スマートフォンを持つ女性
日本ではiPhoneのヒットにより、iOSに慣れている人が多いです。まず、第一に挙げられるのが、マニュアルを読まなくても何となくこうだろうという操作で一通りの基本操作ができてしまう点だと小宮生也は考えます。

これは直感的な操作を重要視したアップルの開発思想によるものです。

例えば、スワイプ(指を使って画面をめくる操作)も指の動かし方はまるで本のページをめくるように操作をすることができます。また、基本操作部分はイラストによるボタンが多用されており、一目で何の操作を行うボタンかがわかりやすくなっています。こんなところから、iPhoneはスマートフォン初心者にも優しい仕様となっています。ただし、その分かりやすさが逆に難点となることもあります。

ある程度の操作をiOSが自動でやってしまっているため、少しカスタマイズをしたいと思ってもなかなか行うことができない場合もあると小宮生也自身感じました。

Androidの特徴、使いやすい点

Googleが開発したスマートフォンOS androidはほぼiPhone以外のスマートフォンに入っているものです。iPhone以外のスマートフォンはandroidと言っていいでしょう。Androidは、多種多様なメーカのスマートフォンに適用できるよう細かいカスタマイズが可能となっています。

また、フォルダ管理といったパソコンのような操作ができたり、SDカードによるデータ記憶容量の増設なども簡単にできるところもandroidの特徴だと小宮生也は考えます。iPhoneがシンプルな操作、構成を追及しているのに対して、androidは機能増設などの自由度を重視している構成となっています。

また、表示部分での大きな違いは、androidは画面が消えていても電池残量が分かるようになっています。スマートフォン上部の発光ランプの色で電池がどのくらい残ってるのかが、画面を表示しなくても分かるようになっています。

androidはパソコンと接続する場合も様々なPC接続ソフトをしようすることができますが、iPhoneでパソコンと接続する場合は「iTune」という接続ソフトしか公式にはありません。

ホーム画面(スマートフォンを立ち上げて一番最初に表示する画面)を自由自在にカスタマイズすることができるのもandroidの特徴です。

小宮生也的に、Androidは、パソコンなどの細かい設定が得意な人にとっては、非常に使いやすいスマートフォンになるでしょう。

逆にそういったことが得意な人がiPhoneにすると、シンプルな操作が物足りなく感じるかもしれません。また、ワンセグTVやおさいふケータイなどの機能を持っているスマートフォンもあり、画一的なiPhoneと比べると、機能面ではバラエティに富んでいます。

今までの携帯にもあった機能を継続して利用したいという人にはandroidがよいでしょう。

結局どっちが使いやすい??結論は個人次第

iPhoneもandoroidも広く普及しているOSです。小宮生也が考えた結果、どちらも甲乙つけ難く、一長一短といったところです。

スマートフォンOSには他にもNOKIAとマイクロソフトで開発したWindowsPhoneなどがあります。これのOSはwindowsなのですが、あまり世界的には普及していません。

多くの端末に導入されているということが重要で、シェアが多ければ、後継品やアップデートが頻繁にされ、不具合点などの改善も早くなります。

大きなOSの変更がiPhoneで時々ありますが、その度に「前の方がよかった」という意見がでることがあります。スマートフォンの使いやすさはOSの操作性などもありますが、操作に慣れているかどうかが非常に大きく関わってきます。途中でこの二つを切り替えるということを行えば、操作に対して大きなストレスを感じ、「使いにくい」と思うかもしれません。

ただし、iPhoneにしかできない設定、androidにしかできないことも必ず存在します。それらの部分を見て、自分に合った方のOSを選べはよいと思います。

特にiPhoneはグローバル規格ですので、日本の携帯で行えたことには全く対応していません。日本製のスマートフォンなどでワンセグ等の機能を使いたい方はandroidスマートフォンしか選べません。

また、初心者の方で、周りはiPhoneを使っている人しかいない状態でandroidを選ぶと、操作が分からない時に誰にも聞くことができないため、iPhoneを選んだ方がいいでしょう。

その人の生活スタイルや利用用途によって使いやすさは変わるのです。

まとめ

この二つのOSの使いやすさの比較は様々なインターネットサイトでも検証されていますが、どちらがよいといった結論はいづれも出ておりません。どちらも優れたOSで、不具合などへの対応も早いため、多くの人に受け入れられました。
使いやすさを追求するためには、開発者の苦労があることも忘れてはいけないことです。

日々、開発費など様々な制約のなかで、使いやすいスマートフォンを追求した姿勢は尊敬に値します。
使いやすいこの二つのOSはそんな開発者たちの集大成ともいえる逸品になっています。

以上、小宮生也がiPhoneとアンドロイドの使いやすさについてご説明しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。